最も良い子供用掛け布団の選び方

11 4月, 2019
最近は子供用の掛け布団にはいろんなデザインのものがあるので自分たちで選ぶことができます。

子供用の掛け布団は子供部屋のベッドを作る上でとても重要なパートです。

寝具にはたくさんの種類がありお店もたくさんあるので一番自分に合うものを選ぶことができます。シーツだからといって気軽に選ぶものではありませんし、寝具を選ぶ時に考えるべき重要なことはたくさんあるのです。

上掛け、掛け布団、羽毛ぶとん、まくら、クッション、これらは機能的なだけでなく一晩中暖かく快適なものでなければありません。寝具にはデザインもたくさんあるので寝室にどれだけマッチするかも重要です。

今回は様々なタイプの子供用掛け布団とおすすめのアイテムを紹介していきます。

寝具の紹介

多くの人が上掛け、掛け布団、羽毛ぶとんを勘違いしがちで、もし寝具の世界に精通していなければこれらの違いはすぐに忘れてしまいます。

なので子供用の掛け布団について話しをする前にまずは寝具の違いについて紹介していきます。

最初は3種類の密度・重さについてです。

上掛けはだいだい230グラムでカバーと中身を別々に取り外すことはできません。

羽毛ぶとんはだいたい115グラムから510グラムのものでカバーを取り外すことができます。

最後に掛け布団はおよそ140グラムまでで上掛けと同じように中身を取り出すことができません。

では大体の概要がわかったところで次に進みましょう。

掛け布団の種類

先ほど紹介したように掛け布団は羽毛ぶとんよりも軽く中身を取り出すことができません。掛け布団は機能的なアイテムというよりはどちらかとデコレーション要素が強く掛け布団一つでは一晩中過ごすことは難しいです。なので季節によって毛布と一緒に使いましょう。

また掛け布団はベッド全体を覆っているためにカバーとしても知られています。密度やデザインによっていろんなタイプの掛け布団があります。

密度・分厚さによって違う掛け布団

軽い掛け布団は夏用の掛け布団として知られています。夏用の掛け布団は中身が入っておらずデコレーション要素が強いアイテムです。名前の通り夏用の掛け布団は通常のものより冷たいので夏に使われています。

他にはキルトの掛け布団もあります。この種類は様々な密度・分厚さのものがあります。キルト素材っぽく見せるために装飾でステッチが何層にもなっています。

最後に最も分厚く寒い季節に完璧ななめらかな掛け布団があります。

布団

いろんなデザインの掛け布団

掛け布団には明らかにたくさんの種類のデザインがあり選ぶのが大変です。あとで子供向けのものについて詳しく紹介します。ですがまずは紹介したい二つの実用的でオリジナルな掛け布団があります。

一つ目はリバーシブルの掛け布団です。特別解説する必要もなくリバーシブルのものはとても実用的です。

一番の特徴は一つの掛け布団で二つのデザインを楽しめて自分が好きな時にひっくり返すだけで気分を変えられることです。

二つ目はパッチワークの掛け布団です。パッチワークのものは手作りなので自分でも作ろうと思えば作ることができます。

パッチワーク掛け布団の特徴は個性があり自分の好きなデザインを組み合わせられることです。

今はインターネットでどうやってパッチワークの掛け布団を作るのか見つけられるのでぜひ試してみてください。

子供用 掛け布団

子供用の掛け布団

掛け布団は子供が自分自身を表現できるとてもいい方法です。掛け布団によって子供たちの好きなテイストや個性、好きなアニメキャラクターを反映できます。

もし子供がとても小さいなら親であるあなたが選ぶ必要がありますが、もし自分で選べる年なら子供自身で選ばせるようにしましょう。

そして子供の寝室は暖かくみんなが安全で快適に感じる空間にしなければならないことを忘れてはなりません。

最適な掛け布団を選ぶには以下のことに気をつけましょう。

  • 寝室全体のデザイン

掛け布団はデコレーションの一つにすぎないので他のアイテムと調和が取れるデザインのものを選びましょう。

  • 子供の好き嫌い
  • 季節

夏には夏用のものを、冬には冬用のものを分けてきちんと選びましょう。

子供用 掛け布団

子供向けのデザイン

最近は子供用の掛け布団にはいろんなデザインのものがあるので自分たちで選ぶことができます。

実際に子供向けに特化しているブランドや会社がたくさんあり、子供用の掛け布団はだいたい明るい色と大胆なデザインのものが多いです。

よくあるデザインの例として、

  • アニメキャラクター
  • スーパーヒーロー
  • サッカーチームやスポーツ選手
  • セレブ・有名人

などがあります。

まとめ

今回紹介したように掛け布団にはたくさんの種類のものがあります。掛け布団を実際に選ぶならまずは季節によって選びましょう。パッチワークのものを紹介したように自分で作ることもできます。