持っていて損はなし!家にあるべき重要アイテム

2 3月, 2020
家にあるべき重要なアイテムをご存知ですか?今回は、家にあるべきアイテムとその理由について学びます。

家の中にあるべきものの一つが家具ですが、家具以外にも家に用意するべき重要なアイテムがあります。

今回は、機能的でありながら、家のインテリアにも良い影響を与える基本的で重要なアイテムをご紹介します。

家にあるべき必須アイテム6選

1. 良質なベッドマットレス

ベッドのマットレスについて深く考えない人も少なくありませんが、マットレスは質の良い睡眠に大きな影響を与えるアイテムです。

自分の体にあった良質のマットレスを選ぶことで、背骨だけでなく体全体の健康維持に良い影響を与えながら、良質の睡眠を維持します。

毎日使うマットレスは健康と幸せに直接影響するため、ある程度の投資をして質の良い自分の体に合うものを選んでください。

2. 帽子用のラック

帽子、スカーフ、コート、バッグなど、帽子ラックを壁に取り付ければ、掛けて収納することができ、床に何かを置く必要がなくなります。

壁につけることができない場合は、床に立てて使う帽子ラックも良いでしょう。

玄関などのドアの近くに置くと、手軽に使うことができます。

持っていて損はなし!家にあるべき重要アイテム 帽子用ラック

ラックは、帽子などの小さなものを整理整頓するのに役立つ必要不可欠なアイテムの一つと言えます。

何でもテーブルや椅子の上に置くクセがある人の場合は特に、ラックがあれば家がすっきりと整理され、インテリアを際立たせるのに役立ちます。

自宅にゲストを招待する場合も、ゲストの帽子やコート、そしてカバンなどを掛ける場所があるのは、ゲストにとっても「どこに掛けたらいいのか?」聞く必要がないため便利です。

3. 折りたたみ式物干し

雨など天候が理由で洗濯物を外に干せない時など、折りたたみ式の物干しが役立ちます。

また折りたたみ式なので、使い終わったら収納することができて場所をとりません。

雨ではない場合でも、大きなものを洗った時にここに掛けて外で乾かすこともできるため、とても便利です。

4. 全身鏡

全身鏡は、外出前に身だしなみを整えて、自分が選んだ服が合っているかを確認するのに欠かせません。

またインテリアに合う素敵な鏡を選びましょう。

全身鏡は、部屋に奥行きと光を追加する効果があるため、比較的暗いコーナーや小さなコーナーにもお勧めのアイテムです。

5. 救急箱

毎日使用することはないけれど、応急処置キットが入った救急箱を用意することが大切です。

ハチに刺されたり頭を何かにぶつけることはほとんどないかもしれませんが、万が一に備える必要があります。

持っていて損はなし!家にあるべき重要アイテム 救急箱

現在、非常に目立たないデザインやサイズの救急箱が販売されているため、手の届きやすい場所でインテリアに影響を与えずに収納することができます。

逆に、素敵な入れ物に入った救急箱やビンテージをテーマにした箱など、インテリアの一部として活用できる救急箱も数多く販売されています。

6. 食器セット

ゲストを招待してパーティーを開いたり、誰かを自宅に招待して食べ物や飲み物を一緒に楽しむ機会がある場合は、食器セットを用意することが大切です。

高価な食器や巨大な食器を用意する必要はありませんが、デザインが揃っているものを用意すると、ゲストをおもてなしする気持ちが伝わるるでしょう。

また、カトラリーにも当てはまります。

こちらのアイテムもお忘れなく…

快適でスタイリッシュな家に必要な、その他のアイテムをご紹介します。

  • ミニ図書館読書好きの方にお勧めなのがミニ図書館です。自分が大好きな本に囲まれたミニ図書館と読書コーナーは、毎日の生活がより快適で素晴らしいものになるでしょう。
  • 芸術作品:ここでいう芸術作品は、ゴッホなどの高級な絵画のレプリカを飾ったり、高額な彫刻を購入するという意味ではありません。自分の心が幸せを感じるような芸術作品や自分の作品を飾る場所を作りましょう。また自分の経験や思い出を呼び起こすものなどもお勧めです。
  • 誰かと遊ぶことができるゲーム:テレビゲームではなく、将棋やチェスなどです。インテリアにもなるこのタイプのゲームは、ゲストが遊びに来た時や家族で過ごす時間に最適です。

今回ご紹介した様々なアイテムは、家にぜひ置いておきたいアイテムです。

自宅の居心地の良さを損なうことなく、自分のニーズとインテリアに合うアイテム選びを行なってください。