魅力溢れる豪華な装飾「ヴェルサイユ」

30 11月, 2019
ヴェルサイユ宮殿のようなインテリアは、家を豪華なスタイルにする際のインスピレーションとなるでしょう。

家に優雅さを求めているのであれば、フランスのインテリアデザイン、厳密に言えばヴェルサイユ宮殿からヒントを得てみましょう。家に使えるたくさんのアイデアを見つけることができます。

すべての部屋を華麗に装飾されたバロック様式の宮殿に変身させるということではありません。どのように細部に至るまで強調することができるかについて、観察してアイデアを得ましょう。

優雅さにはさまざまな意味合いがあります。優雅なインテリアスタイルはたくさんありますが、ヴェルサイユののインテリアは、ミニマルスタイルやラスティックスタイルのような最近のインテリアスタイルとは異なる雰囲気をもたらしてくれます。

ヴェルサイユ宮殿とその歴史

ヴェルサイユ

有名なバロック建築であるヴェルサイユ宮殿は、17世紀後半から着工し、数段階を得て完成しました。この宮殿は、パリ近郊であるヴェルサイユにあります。

太陽王としても知られるルイ14世は、権威を誇示するために壮大な宮殿建設を命じました。偉大なヨーロッパ諸国が権力を争った不安定な時代に、宮殿はフランスの重要性の高まりを象徴するものとなったのです。

ヴェルサイユ宮殿は、金や曲線と共に威厳ある装飾が真に輝く優雅なインテリアの古典的な例となりました。細部に至るまでのすべてが、王位と王室に相応しくなるように建てられています。

栄光は今でも宮殿の中で輝きを放っています。

夢のようなヴェルサイユの寝室

ヴェルサイユ

過剰な装飾が施された王の寝室は、少し圧倒的に感じるかもしれません。部屋の隅々まで装飾されており、やり過ぎにも思えるほどです。

  • ベッドは最も美しさを示してくれるポイントですが、天蓋によって隠されています。これにより、光を遮断すると同時に、特別なプライベート空間を生み出しています。今日では、多くのインテリアショップで似たような天蓋を見つけることができるでしょう。
  • 壁紙もまた重要なポイントです。壁紙によって壁が飾り立てられています。
  • さらに、床の装飾も忘れることはできません。植物、石庭、曲線模様が描かれたラグが、温かさとバロックらしさをもたらしてくれます。

すべての人を虜にする照明器具

ヴェルサイユ

ルイ14世は、金の装飾を照らし、宮殿の隅々まで明るくすることができるのに十分な照明器具を要求しました。そのため、最高品質の照明器具が使用されたのです。

非常に興味深いのは、ヴェルサイユ宮殿が近代のシャンデリアにも明確なインスピレーションを与えていることです。似たようなシャンデリアがある豪華な家を見たことがあるかもしれません。

しかし、これらのシャンデリアは新しいものではありません。バロック時代には、すでにフランスで使用されていたのです。光、ガラス、金が融合し、社会的地位と壮大さを誇示していました。

ヴェルサイルに欠かすことができない色「赤」

メルキュールの間

どこに使用したとしても、赤は大胆な色です。優雅な雰囲気を与えてくれるので、宮殿にとっても素晴らしい色と言えるでしょう。金と赤の組み合わせが、より豪華に見せてくれます。

赤は、家具(特に椅子)とカーテンどちらにも使用することができます。参考にしたいのは、赤の壁によって情熱的なスタイルに仕上がっているメルキュールの間でしょう。

ヴェルサイユのインテリアは、光と権力を誇示します。そして、高潔さで空間を満たしてくれるでしょう。

  • Van der Kemp, G.: Versalles: el palacio, el parque y los trianones, Casa Editora de Arte Lys, 1976.