ミレニアルインテリア

24 1月, 2020
デジタルネイティブ、放浪好き、自然愛好家、実用性を重んじる人:今日はミレニアル世代のインテリアについてお話します。

私たちミレニアル世代は、考え方だけでなく、インテリアの趣味にもこだわりがあります。ミレニアル世代のインテリアは、私たちのおばあちゃんがその昔家を飾ったインテリアとは全く異なります。今日は、1981年から1999年に生まれたミレニアル世代を引き付けるインテリアを見ていきましょう。

ミレニアル世代は先進技術を100%利用してきた最初の世代で、高度な教育を受け、要求が高く、中上級階層の流行に敏感な世代です。

彼らはまたお気に入りのブランドに忠実で、世界を探索するためにお金を貯めている人たちです。起業家、旅行者、マルチに活躍し、多くのつながりを持った人々のことで、一般的にジェネレーションYと呼ばれています。

ミレニアルホーム

ミレニアル世代は高価な家具にお金を使うことはしません。彼らはむしろ、DIYの細部にこだわったり、フリーマーケットで見つけたヴィンテージ物にお金を使います。CDケース、映画のポスター、好きなテレビプログラムの小物など自分の好きなもので飾るのが好きです。

彼らが投資を決めるとしたら、それは家に個性を出すための芸術作品でしょう。

自然への愛

ミレニアルインテリア

この世代は先端技術を駆使し誇りに思っています。その一方で自然への愛も強いのです。ミレニアル世代は最近の環境問題にも敏感で、緑に囲まれた生活にあこがれています。

ペット同様、植物もミレニアル世代の家には欠かせません。彼らのお気に入り?一番人気は多肉植物、サボテン、シダ、サンセベリアです。

ジェネレーションYの家に置くシンプル家具

ミレニアルインテリア

上述したように、ミレニアル世代は高級家具に貯金を費やそうとはしません。しかしそれはインテリアに無頓着ということではなく、彼らはむしろ、北欧スタイルの実用的なラインを備えたシンプル家具を選択しています。ミレニアル世代の家にあれば、実用的になるのです。

座る場所を増やしたり、収納を足すにはベンチを使うのが人気です。木製の棚にはお気に入りのコレクションをディスプレイし、ソファは活発なソーシャルライフで知り合った人たちでいつも賑わっています。

長持ちするDIY

ミレニアルインテリア

すべてのテクノロジーからの解毒のように、ミレニアル世代は過去から手掛かりを得て、調理,裁縫、クロスステッチ、その他の工芸を始めています。

真のミレニアル世代の装飾には、キルトや絵のような手作りのディテールが散りばめられています。木の板から手作りしたオリジナルのヘッドボードや最近訪れた旅先で購入したタベストリーなどです。

ミレニアル世代の家の居心地の良い仕事スペース

ミレニアルインテリア

働き方は変化しており、ミレニアル世代は勤務時間も自由気まま。その代わり主に自宅で仕事をします。彼らは企業であくせく働くより、着実なライフスタイルを好む生まれながらの起業家なのです。

その結果、多くの人がホームオフィスを構え、そこに最新のテクノロジーを備え、木製のデスクにおしゃれな椅子、そして植物や絵を飾るのです。書類が棚を埋めることはなく、全てクラウドで管理します。

多様性がすべて

ミレニアルインテリア

この世代を際立たせるもう一つの特徴は、様々なスタイルや素材をミックスすることへの愛でしょう。木材、油圧式の床、タイル、引き継がれてきたヴィンテージ家具といった復元された素材を取り入れます。

インテリアショップに並ぶシャビーな雑貨を超モダンな家具に合わせることだってできるのです。Y世代は取捨選択の達人で、魅力的な独特な空間を作るのに長けています。

ミニマルへの愛

ミレニアルインテリア

大きな家電製品や大型の家具は必要ありません。それは台所も同じで、スモールキッチンが好まれます。ミレニアル世代は、シンプルさと実用性を重視するので、軽快な北欧スタイルの家具があればよく、後のことはスマートフォンがやってくれるので満足なのです。

あなたはミレニアル世代ですか? 自分の家を見回して、インテリアに満足しているかどうか考えてみてください。