クリスマスデコレーションのヒント5つ

9 11月, 2019
いよいよクリスマスシーズンの到来です。デコレーションにも力が入るイベントです。ここでいくつかのヒントを見ていきましょう。

クリスマスは一年の中でも最もデコレーションに力の入れがいのある重要なシーズンです。

キャンドルやラッピングペーパー、テーブルセッティングのナプキンなど細部にまでこだわって綿密に計画する人も多いでしょう。

クリスマスは親族や友達と過ごすシーズンでもあります。遠いところにいて一緒にいられない人の似顔絵を描いたり写真を探して、外から見えるように窓にビニールで貼ったりしてデコレーションの一部として飾るのも良いでしょう。世界中にある様々なデコレーションアイテムからインスピレーションを得て使うこともできますし、自分自身でデコレーションアイテムを作っても良いでしょう。お子さんがいるなら一緒に作るのがおすすめです!

クリスマスデコレーションのパターン

1.デコレーションモチーフを選ぶ

人気のデコレーションパターンは、星、スノーフレーク、セイヨウヒイラギ、トナカイ、プレゼント、クリスマスツリー、ハートなどです。テーブルクロスやプレースマット、ナプキン、ラッピングペーパーだけでなく、もっとこだわるならスカーフや上着など服もクリスマス仕様に揃えても良いでしょう。

クリスマスデコレーション

2.デコレーションする

デコレーションなしでクリスマス気分に浸るのは簡単ではありません。もし折り紙が好きならスノーフレークやミニクリスマスツリー、星などを自分で作っても良いでしょう。もっと簡単な方法としてはカラフルな輪っかで作るチェーンやクリスマスリースも使えます。

クリスマスリースのようなデコレーションはとても簡単なので自分の家で作ることができます。クリスマスリースは通常家のドアにかけられ赤い木の実やコケ、松かさ、小枝と一緒に飾られます。もし自分で作るならポンポンやきらきらとしたもの、色のついた糸なども付け加えられます。

照明と植物

このセクションではクリスマスデコレーションでは忘れてはならない二つのことを紹介します。

3.植物

クリスマスにはヤドリギやセイヨウヒイラギ、コケ、ポインセチアなどの植物を使いましょう。本物でも偽物でもどちらにしろ一番人気なのはクリスマスツリーです。そしてクリスマスは一年で最も植物がデコレーションとして重要な役割を果たす時期でもあります。

一番忘れてはならないのがテーブルのセンターピースです。センターピースはたくさんの形やサイズ、色があります。色は赤や白、緑のものが多いです。またセンターピースはキャンドルやジャー、ミニツリー、松かさ、セイヨウヒイラギなどからも作ることができます。

クリスマスデコレーション

4.照明

いろんな形やサイズの照明のかさが売られています。壁をデコレーションしたりクリスマスツリーにかけたりいろんなことに使えます。

LED電球を使い、バッテリータイプのものもあるのでバッテリータイプのものを選べばコンセントに挿す必要がないのでごちゃごちゃする心配もありません。

大きなお皿の上にキャンドルを置いて小枝やベリー、松かさなどに色を塗ったりして飾るというのも手です。とても美しいセンターピースが仕上がりますよ。

最後の重要な仕上げ

5.キリスト生誕シーン

最後にクリスマスデコレーションに必須のキリスト生誕シーンについて触れたいと思います。キリスト教文化圏では、キリスト生誕にまつわるシーンの装飾にとても長い伝統があり、最も重要なアイテムとされています。海外では様々なシーンを表した人形などが売られています。そこにはクリスマスを祝う意義がつまっています。

 

ここでご紹介したアイディアが、今年のクリスマスをいつもと違ったものにしてくれるお役に立てばとても嬉しいです。今年はいつもと違ったクリスマスを楽しんでみませんか?