壁のデコレーション:ラグを壁に飾ってみよう

27 1月, 2019
今回は、ラグを上手く壁に飾る方法とその注意点を紹介します。

家の壁は好きなように色を塗れる白紙のキャンバスのようなものです。壁にラグをかけて飾るのは独創的なアイデアなので、あなたの家が個性的になることは間違いないでしょう。

中東の文化の中には、見栄や富の象徴として壁を飾るのにラグを使うことがよくあります。ロシアなどの他の国でもラグを壁に飾るのは一般的です。

最近の西洋文化では、見栄や富の象徴としてではなく、単純に個性の表現として壁に敷物を飾っていますよね。

今日の記事では、そんなラグを使って部屋の壁をオシャレにする方法をお教えします。

お宅の壁を華やかに

壁は建築上、必要不可欠な要素です。同時に装飾するのが難しい場所でもあります。しかし、壁を飾るインテリアにはたくさんの選択肢があります。

最も伝統的な方法は、絵や写真を飾ることです。また、特別なペイントを施したり、壁紙を貼ったりする人もいますよね。

ある人にとっては伝統であり、私たちにとってはインテリアのテーマなのが壁に敷物を飾ることなのです。

これは確実に個性的なインテリアですし、壁に飾られたラグは自由奔放な雰囲気にぴったりです。

もし思い出の旅で購入したラグがあって、大切にとっておきたいのなら、壁に掛ければ美しい状態を保つことができます。

しかし失敗しないためにも、敷物を壁に飾る前に、いくつかの点を確認しましょう。

敷物を壁に飾る方法

壁に飾るのに適したラグは?

インテリア市場にはたくさんの種類のラグが出回っており、形や織り方、模様などの様々な基準に従って分類されています。

ラグを壁に飾るために、まず一番のお気に入りのものを探し、部屋のインテリアに合うことを確認しましょう。

エスニックの敷物

このタイプのラグはまさに芸術作品で、ラグの生産で有名なモロッコや中東の国々で購入できるラグは特に素晴らしいです。

 

それぞれが違う形をしていて、見る人を魅了するパターンで織られており、非常に高品質です。

敷物を壁に飾る方法

毛足の長いシャグラグ

シャグラグを壁に飾れば、すごくオシャレなインテリアになります!しかし、部屋の雰囲気を壊さないように慎重に選ばなくてはいけません。

単色のラグ

これが一番簡単な方法です。壁に敷物を飾りたいけど、あまり冒険はしたくないなら、単色のラグを選ぶのが一番です。

また、単色のラグは、ベーシック、モダン、シンプルなインテリアにはぴったりです。例えば、淡い色が好まれる北欧デザインなら、単色のラグを壁に飾れば、他のインテリアともマッチして完璧です。

幾何学的模様のラグ

敷物は伝統的には正方形です。幾何学的な模様のラグを飾ると、まるで絵画のように見えるでしょう。

長方形の敷物もあります。このタイプはヘッドボードとして使うと完璧です。

さらに、丸いラグや、三角形のラグ、そして幾何学上の形をしたラグもあります。同じ形のラグを3つ合わせて壁に飾るのも面白いでしょう。

敷物を壁に飾る方法 壁 ラグ

壁に敷物を飾る方法

壁にラグを飾る際に最も聞かれる質問が、安全な吊るし方でしょう。

今までラグを壁に掛けたことが無い方はこの方法を参考にしてみてください。

  • カーテンロッドに吊るす:好きなカーテンロッドを使いましょう
  • 額に入れる:古い敷物でケアが必要ならば最適な方法です
  • 棒を使う:敷物を木製の棒に引っ掛け釘で打ち付けます。

まとめ

個性的に壁を飾りたいなら、ラグを使うのは素晴らしいアイデアです。最後に注意点をいくつか書いておきますね。

  • 重さに注意!:重量のあるラグは壁にしっかり固定しましょう。
  • 飾る場所に注意!:日焼けして色が褪せてしまうので、太陽の当たる場所は避けましょう。
  • ラグを飾る部屋を厳選する!:壁にラグを飾るアイデアが気に入っても、すべての部屋に飾るのはやり過ぎです。注目を引く最適な場所をよく考えましょう。
  • ラグを探しにエキゾチックな国へ旅行しましょう! アンティークやビンテージ物を見つけられるかもしれません。