家の照明のための重要アドバイス

12 6月, 2019
家の建築、装飾または改築について考えるとき、照明は重要な要素です。

照明は、家にとって大変重要な要素です。どんな家の照明も、各部屋の利用目的に合わせてよく考えてデザインされる必要があります。

家の照明を適切に選んでいないという間違いは、あなたが思っている以上に一般的にあることです。通常、そうした間違いは、プランニングが不十分であったり基本なことへの理解不足によってもたらされます。

家の建築、改装時に、ぜひ覚えておきたい基本的なアドバイスをご紹介します。

照明方式の種類

アドバイスの前に、家に取り入れることができる照明方式の種類についてご紹介します。

1つ目は自然光です。ドアや窓を通して入ってくる光を指します。

自然光をなるべく取り入れることができるカーテンを使って、自然光を最大限に活用することがおすすめです。

家の照明

家の中の自然光の量は、窓が向いている方向によって異なります。

もう1つの照明方式は、全般照明(アンビエントライト)です。これは通常、どの部屋でも主な光源となり、一般的に天井照明であることが多いです。

全般照明については、リビングやリラックスしたい場所に最適であり、二次光源として機能しています。

そして最後に、局部照明(タスクライト)があります。これは勉強や読書スペースに使われている照明です。

通常、LEDライトや電気スタンドは補助照明と呼ばれています。

適切な照明を得るためのヒント

1.光の調和

優れた照明の基本原則の1つは光の調和です。

そのため、さまざまな種類の照明を組み合わせて適切な場所に配置することが重要です。

調和は基本です。この基本原則を使うことによって、過度の明るさを防ぐことができます。

過度の明るさは、殺伐としていたり殺風景だったりする部屋に見せてしまうため、不快な影響を与える可能性があります。さらに、照明が部屋にありすぎると、大量のエネルギーを消費してしまいます。

2.適切な大きさ

照明について考えるときには、大きさが重要となってきます。デコレーションとインテリアデザインの基本のひとつは比率です。

始めに考えなければならないことは、部屋の大きさです。これによって、部屋の中にある各要素の大きさが決まります。

部屋が小さい場合には、部屋に見合った大きさの照明を選びましょう。大きな照明を買ってしまうと、部屋がより小さく見えてしまいます。

ペンダントライトを設置したい場合には、天井の高さについても考慮する必要があります。

家の照明

照明に頭をぶつける心配をすることはとても厄介です。低い天井の場合は、大きな天井照明は選ばないようにしましょう。

3.光の種類

次に、さまざまな光の種類についても考える必要があります。部屋によって、効果的な光の種類が異なります。

暖かみのある光は、休んでリラックスしたい場所に理想的です。

一方で、冷たく白い光は、キッチン、浴室、オフィスなどのより活動的な場所に使うといいでしょう。

光の強度もまた重要です。良い選択肢の1つは調光スイッチを使うことです。

調光スイッチは活動に合わせて光を調節することができるので、必要な量の光を正確に得て、エネルギーを節約するのに役立ちます。

4.複数の照明

異なった照明を組み合わせて使うことによって、光を増すことができます。

見えやすくしてくれるだけでなく、より満たされた感覚にさせてくれます。

さりげなく照明を組み合わせるためには、明るくしたい部屋のエリアを確認することが重要です。

例えばキッチンでは、シーリングスポットライトとペンダントライトの組み合わせは素敵な選択肢です。しかし、影が視界の妨げとならないように気を付けましょう。そのためには、作業場の真上に照明を取り付けないようにするとよいでしょう。

家の照明

浴室やウォークインクローゼットには、適切な照明が不可欠です。素晴らしいアイデアの1つは、鏡の周りに照明を設置することです。

5.品質

良い照明設備とは、正しい位置に照明を設置することだけではなく、使用する製品によっても左右されます。

最近では、電球の種類を選ぶ際には、省エネルギーであることが最も重要な要素の1つです。

何よりも良質な製品を選ぶことをおすすめします。お金の節約のために安い製品を選びがちですが、それでは最終的には求めていた結果を達成することができませんし、頻繁に買い替えるなど、結局お金を無駄にしてしまうことになります。。

まとめ

このように、適切な照明を選ぶには時間がかかります。照明選びを後回しにしないようにしましょう。実際には、家の改装の前に照明について考える始めるのが得策かもしれません。