放射暖房システムのメリットとデメリット

13 2月, 2020
自宅に床暖房の設置することを考えているなら、今回の記事をご覧ください。床暖房もメリットとデメリットを比較して検討します。

放射暖房またはパネルヒーティングと呼ばれる暖房システムは、一部の国では比較的新しいシステムです。

日本でも、近年では一般家庭にも広く普及しています。

床下にプラスチックチューブとモルタル板の層を設置することで床暖房として機能しますが、これは温水と冷水がチューブを通過することで、床が加熱または冷却されます

放射暖房を使用する家では、低い場所の方が高い場所よりも暖かくなるのが普通です。

木製の床の場合は、温度が変化しても木材が曲がらないようにチューブを設置します。

ここからは放射暖房システムのメリットとデメリットをご紹介します。

放射暖房システムのメリットとデメリット リビングルーム

放射暖房のメリット

放射暖房で使用されるチューブは非常に薄いため、水を加熱するのに必要なエネルギーは少なくなります。

約35〜40ºCの水を使う放射暖房は、他の暖房システムが必要とするエネルギーの約半分で十分なので、他のシステムで消費する電力の約10〜20%を節約できます。

また、ラジエーターを必要としないため、スペースの節約にもなりますし、家のどの場所でも機能します。

放射加熱を使用して冷却することもできるため、扇風機やエアコンの代替えになることも可能です。

放射暖房システムのメリットとデメリット ファン

放射暖房は、温風などの気流が出ないため、ホコリやダニが発生しないという健康上のメリットがあります。

また、従来のラジエーターなどの暖房の場合、暖房の設置場所に熱が不均衡に「たまり」ますが、放射暖房システムを使用すると、熱が家全体に均等に分散されます。

放射暖房システムのメリットとデメリット システムの詳細

放射暖房のデメリット

放射暖房システムを使った床暖房は高価な暖房システムで、維持費などもかかることを考慮する必要があります。

放射システムは、継続して暖房を使わない家にはお勧めできないシステムです。

これは、水を加熱または冷却するのにかなりの時間がかかるため、電動ラジエーターとは異なります。

家のサイズが小さい場合は、チューブの加熱や冷却にかかる時間は短くなります。

冷却システムについては、家が少し湿気を帯びたり床に結露が生じる可能性があるため、湿度が非常に低い地域にのみお勧めします。

足などに血液循環の問題がある人は、このシステムで足が暖かくなるため、システムの恩恵を受けられないかもしれません。

考慮すべき最後の欠点は、システムに何か問題が発生した場合、床全体を取り外す工事になります。

今回ご紹介したメリットとデメリットが、放射暖房システムを導入するかどうかという決定を下すのに役立つことを願っています。

放射暖房システムは環境に優しいシステムであることを忘れないでください。

また、裸足で家の中を歩くことができるという利点も悪ります。

放射暖房の設置は、必ず専門家に依頼してください。