ホームインテリアデザインにおける7つのルール

14 3月, 2020
ホームインテリアデザインの世界において、守るべきルールがいくつかあるのをご存知ですか?それらを知っておくことであなたの家の各部屋のデザインをより洗練されたものにできます。

完璧なデザインを自宅に施すのにあたり、ホームインテリアデザインのエキスパートになる必要はありません。大切なのは最適なデザインのための基本ルールを学ぶことなのです。

今回の記事ではご自宅、または特定の部屋をデザインするために知っておくべき、ホームインテリアデザインにおける7つのルールご紹介します。たったこれだけ知っておくだけでこんなにもできるなんて!と目から鱗な情報にきっと驚きますよ!

インテリアデザインの黄金律

この黄金律、キリスト教ならインテリアデザインの7戒、仏教なら7つの戒律でしょうか。呼び方はお任せいたしますが大切なのはポイントが7つあるということです。これから紹介するこの7つのポイントがあなたのドリームデザインのキーを握ります。これらは金銭的な大きな投資ではなく、芸術面やひらめきの分野がより役に立つものです。雑誌のデザインと同等のものを作り出す能力を秘めていますよ。

1. それぞれの部屋の使用目的を明確に

タイル張りのバスルームのシンク

キッチンやトイレなどは使用目的がはっきりしていますが他の部屋はどうでしょうか。模様替えや装飾を始める前にそれぞれの部屋の使用目的を明確にしましょう。

ライフスタイル、行動、習慣、日常の予定などを考えてみてください。どこのスペースを合わせて必要な家具を置きどのような変化を作るのが良いのかに時間を裂きましょう。先取りして考えることでゲストルームが自分のクローゼット化してまったり、ガーデニング用品をキッチンの棚にしまう事になるような事態を防げるのです。

2. 自宅の間取りを配慮し、活かす

ホームインテリアデザインにおける7つのルール-梁のあるリビング

新居に引っ越すとそこに元からある気に入らないものは取り除きたかったり、必要ないと思ったりするかもしれません。ただそれが叶わない時もありますよね。デザインにおいて大切なのはあるものを使用すること、そして必要であればそれにアレンジを加えること。排除してはいけません。

例えば、ご自宅の天井にむき出しの梁がある。このような場合はラスティックデザインを避けたいのであれば好きな色に塗ってあげましょう。白いパネルで覆い、見えなくしても良いですね。

3. 光、そしてもっと光

ホームインテリアデザインにおける7つのルール-自然光が差し込むリビング

窓が大きすぎると感じますか?いえいえ、窓に大きすぎるなんてことはありません。窓は自然光を取り入れるために必要不可欠なのです。たとえ曇りや雨の日でもですよ。

照明を使用する際には照明器具を使用しすぎないように注意しましょう。(手術室のような見た目にしたいなら話は別です。)ただ十分に家が明るくなるように心がけましょうね。大切なのはバランスです。照明の色、壁、カーテンや装飾品を駆使して自然光と照明の光の良いバランスを作り出しましょう。

4. 部屋の数だけデザインがある

ホームインテリアデザインにおける7つのルール-明るい色の部屋にグレーのソファ

まずはあなたの部屋がどんな見た目をして欲しいかイメージしてみましょう。1つの部屋のデザインが終わったら次の部屋へ、次はキッチン、そして庭。このように1部屋ずつ取り組むことでそれぞれの部屋に集中して取り組むことができます。

オススメはあなたが1番使用する部屋、もしくは1番重要だと思う部屋から取り組むことです。優先順位のリストを作成しましょう。そして最重要もしくは最大の部屋がそれにふさわしいデザインであること確認してくださいね。

5. インスピレーションを得る

山住みの雑誌

ホームインテリアの雑誌やブログを1日中読み漁る必要はありませんが週に数時間、理想のデザインを視覚化するためにインスピレーションを探してください。

あなたの理想と予算に合った、思わず参考にしたくなる素敵なアイディアはいたるところに見つけることができます。様々なデザインのアイディアを比較したり気に入った部分をピックアップしていくことであなたの探している”絵”が見えてきますよ。これってすごく楽しいんです!

6. 細部に気を使う

ホームインテリアデザインにおける7つのルール-ラックに花瓶や本を装飾

細部をおろそかにしてはいけないという諺”the devil is in the detail”(悪魔は細部に住む)があるようにデザインにも細部が重要です。逆に言えばそれにこだわりを出せば出すほど素敵なものになるのです。あなたがこだわりを持って選んだもの1つひとつに魅力は詰まっており、それが誰の部屋でもないあなたの部屋を作り出すのです。

選ばれた装飾品はあなたを象徴するアイテムです。それらで自分の空間を作り出す。それこそがデザインの醍醐味ですよね!その細部がない部屋は個性のない、誰の部屋でもないものになってしまいます。それだけは絶対避けてくださいね。

7. 理想のバランスを探す

ホームインテリアデザインにおける7つのルール-バランスのとれた掛け絵が沢山ある部屋

バランスを整えることもインテリアデザインにおいての黄金律と言えるでしょう。絵を壁にかけたり、左右均整のとれた家具を入れたりと、方法は沢山あります。中視点を作りそこを基準に装飾していくのも良いですね。

最後に

いかがだったでしょうか?今回はホームインテリアデザインに欠かせない7つのルールをご紹介しました。皆さんもまずは1番重要な部屋から始めてみませんか?また、さらに上を目指し、デザインを極めたい方には質感や色に常にアンテナを張ることをお勧めします。例をあげるなら、暖かい気候の沿岸部には冷たい色が合います。一方で暖かい色は寝室の理想的な色です。