どんな家にもピッタリな本棚7選

20 2月, 2019
あなたが選ぶべき本棚はご自宅の空きスペースの広さやあなたがどんなタイプの読者なのかによって変わります。

文字通り、本棚とは本をしまっておくための棚のことです。幸運にも本棚をたくさんお持ちの方は、それをまとめて書庫と読んでも差し支えないでしょう。

本好きも読書家も、新しくシリーズものの本を買ったら自宅の特別な場所にそれを保管したいものですよね。

本棚 : 実用的でオシャレ?

本棚はただ実用的なだけではなく、ご自宅の装飾に素晴らしいエッセンスを与えてくれるアイテムでもあります。ただ、インテリアにおける本棚の役割は、それぞれの本棚の特徴(サイズ、容量、デザイン、素材、色など)によって異なります。

例えば、動物の柄がたくさん付いた木製の本棚をお持ちなら、この柄をさらに際立たせられるようにその他の装飾アイテムも組み合わせるのが理想的です。

装飾に関しては、想像力の限界など存在しません。シンプルな本棚を使っている人は、カラフルなカバーの本をアクセントとして使う場合が多いです。色によって本を整理すると、人目を引く外観を作り出すことができますよ。これにより、著者やジャンルごとに本を分類するという定番のやり方を使うよりも魅力的な本棚になります。

 

本棚、もしくは書庫の装飾が適切になされれば、ただ本棚を眺めるだけで、本を読んで楽しんでいる自分の姿が目に浮かんでくるので、とてもワクワクした気持ちになりますよ。ご自宅の書庫を思う存分謳歌したい場合には、並び順や色、棚ごとの本の冊数といった細かな点が重要になってきます。

本を色や大きさといった視覚的な情報に基づいて整理する人もいれば、目的やジャンルごとに本を分けるという人もいます。また、中には書庫を何かのコレクションを展示するために使っている人もいますよね。

小さい家に最適な本棚5種

どんな家にもピッタリな本棚7種

本棚用のスペースが十分に確保できない方や、部屋をあまり混雑させたくない方にピッタリな、実用的で見た目も素晴らしい本棚がいくつかあります。店頭に並ぶ本棚の中でも、最も使い勝手のいいデザインのものをいくつかご紹介していきます。

  • 縦長の本棚:縦に長く、幅の狭いこのタイプの本棚は、たいてい3つか4つ棚が付いています。中には車輪付きのものもあり、動かすのがとても簡単です。
  • 車輪付きの本用ワゴン:こちらは、形や大きさが様々です。その魅力は、どんな場所にも簡単に置くことができるという機能性にあります。背が低めなので、本を取り出しやすくなっています。
  • 組み立て式本棚:こちらのあつらえ生産の本棚は、部屋の一箇所に固定できるようにデザインされています。あまり場所を取らないので、家がごちゃごちゃしてしまう恐れはありません。例えば、ベッドの背後などに置くといいでしょう。
  • 壁用本棚:これらは、棚一段一段で構成されます。サイズは小さめで、壁に直接固定されます。
  • リサイクル本棚:大きめな家具を使って小さな本棚を作ることができます。どんなものからでも、例えば古い果物カゴや木製のベッド、ハシゴといった家具から作ることができ、なんでも材料になります。

広々とした家にピッタリな本棚2種

本棚

もちろん、ご自宅に十分なスペースがあるなら、お好きなデザインでもっと大きな本棚を選ぶことが可能です。先ほどご紹介した本棚の大きめバージョンを選んでいただいても構わないのですが、そのほかにも以下のような選択肢があります。

  • 床から天井まで覆う本の壁:部屋の全ての壁を本の列で埋め尽くします。本の山に埋もれることを夢見ているような本の虫タイプの方には紛れもなく天国のような空間です。
  • 形が独特な本棚:丸、貝殻、船、木などの形をしているタイプの本棚です。デザインが人目を引くので、寝室リビングルーム玄関などに飾るのが適しています。

あなたが選ぶべき本棚はご自宅の空きスペースの広さやあなたがどんなタイプの読者なのかによって変わります。もしご自宅が小さいけれど本への熱意が強い、という場合には一つの壁だけに本棚を限定せずに、ご自宅内のいくつかの場所にわけて本を収納することをオススメします。