鮮やかな色を使って浴室を模様替えしてみよう!

15 2月, 2019
浴室の模様替えをお考えの方に、今日のブログでは鮮やかな色を使った模様替え術をお教えします。

部屋の雰囲気を決めるのは色です。今日のブログでは、浴室に鮮やかな色を取り入れる方法をご紹介します。1色使いでもいいですし、壁と家具は他の色を合わせてもいいでしょう。

浴室に求められるのは、爽やかさ、落ち着き、清潔感でしょう。鮮やかな色の浴室に模様替えするなら、まずインテリアのポイントを押さえておきましょう。

明るく大胆な色は浴室の模様替えにぴったりのチョイスです。では、鮮やかな色を取り入れるオリジナルアイデアをいくつかご紹介します

浴室にぴったりの明るい色

浴室の壁、床、家具、そしてアクセサリーに鮮やかな色を取り入れてみましょう。どの色を選ぶか、また何を強調したいかによって、色の使い方は変わってきます。では具体的なアイデアを見ていきます。

鮮やかな色を使った浴室

色の組み合わせ方

白と対照的な色を使う

浴室全体に色を取り入れるなら、対照的な色を加えたり、ニュートラルカラーで和らげることが大切です。例えば、床や壁の一部に鮮やかな色を使うのであれば、壁に白い部分を残したり、白い家具を置くといいでしょう。そうすることで、バランスの取れたコーディネートになります。

1色だけでまとめると、圧迫感のある部屋になってしまいます。すぐに飽きて、また模様替えしたくなるかもしれません。部屋の模様替えを次々に行うのは得策ではありません。壁の塗り替えや床の張替え、家具の買い替えは非常にお金がかかります。

カラフルな家具を使う

逆のパターンもおすすめです。つまり、浴室全体を白でまとめ、鮮やかな色の家具やアクセサリーを置くのです。カラフルなカウンターが再び脚光を浴びていて、浴室用のカウンターも材質など様々なものが売られています

下に紹介する写真は、人気の鮮やかな色を使った浴室の写真です。ぜひヒントにしてみてください。

青でまとめる

鮮やかな色を使った浴室

水、海、そして静けさを連想させる青は、浴室に人気の色の一つです。濃い青、マリンブルー、スカイブルーなど、あなたが好きな色合いの青を選びましょう。ただし、あまり暗い青はおすすめしません。もし暗めの青を選ぶなら、照明や自然光を調整して、たくさん明かりが入るように工夫してください。

色のトーンを決めたら、壁、床、家具をその色で統一します。きれいな青いタイルを床や壁に貼ってもいいでしょう。貝殻や砂を入れた瓶、または青いタオルなどのマリンテイストのグッズも、色を足すのに便利です。青でまとめた浴室はきっとお気に召すはずです。

緑は自然の色

緑は自然の色です。この元気にしてくれる色も、浴室に使うにはぴったり。上の青のところで紹介したように、あなた好みの緑で、壁、床、家具をまとめます。

ムスクグリーンは穏やかな色合いで、壁に映え、木製の飾りがある白い家具によく合います。木のベージュ色は浴室に、自然の風合いを与えてくれるでしょう。

浴室のアクセサリーを飾るのもお忘れなく。棚やタオルホルダー、ハンガー、額縁などです。大きな葉の観葉植物を入れれば、より自然な雰囲気になります。

鮮やかな色 浴室

黄色

黄色も最近では人気のカラーです。黄色は浴室を明るく、元気の出る空間にしてくれます。

照明や自然光と上手に組み合わせてください。壁を黄色にするぐらいがちょうどいいでしょう。家具や床は白でまとめます。白と黄色を一緒に使うと、暖かく明るい空間になります。

今日お読みになったように、浴室で使える鮮やかな色はたくさんあります。どのように取り入れるかはあなた次第。たった1色で統一して圧迫感のある部屋にならないようにだけ注意してください。

強めの色を使う場合は、バランスの取れた快適な空間にするために、ニュートラルカラーで和らげることも大切です。鮮やかな色を使って浴室の模様替えを楽しんでみてください。