3種類のモダンな天井照明

19 2月, 2019
照明は全ての家にとってなくてはならない素材です。それがどれだけ大切であるかを認識し、光の照らす形と強さを注意深く選ぶ必要があります。

天井吊るし照明(ハンギングランプ)は今期人気のデコレーションの特徴です。部屋を明るくすることや雰囲気作りに加えて、ランプのサイズや形、色や鎖などを使い部屋のスタイルを変えることが出来ます。

多くのデザイナーが一味違うハンギングランプのアイディアを模索していますが、これは家の購入者の高い天井を選ぶ割合が増えているからです。

サイズやあなたの部屋、そしてあなたがランプを設置したい場所により、大きいもの、ミディアム、そして小さいランプを選ぶことが出来ます。細かくサイズをオーダーメイドに選ぶこともできる場合があります。、形、素材などすべての種類を見つけることが出来るのであなたにとっての理想のランプを見つけることが出来ますよ。

ランプを落として他の家のアイテムを破壊しないように気を付けてくださいね。

1.ガラス瓶ランプ

ハンギングランプの見た目が重要なことは言うまでもありませんね。光が来る元を見上げるのはごく自然なことです。その見上げた光の下が綺麗なガラス瓶ランプだったら素敵ですよね!

これらの瓶はDIYやリサイクル好きの心をくすぐるアイテムです。花瓶やロウソク立て、バスルームの石鹸入れにも使えます。また、デコレーション雑誌やブログで1番のトレンドのガラス瓶の使い方はハンギングランプでもあるんですよ。

もしあなたの家にライトが必要なエリアがあるのならこのグラス瓶ランプがぴったりでしょう。このランプは柔らかくおぼろげな光ですが、少しだけ明るくしたい小さなエリアには理想的であり、そして何よりチャーミングです。このランプはビンテージやボヘミアン、さらには素朴なラスティックな雰囲気に相性バッチリです。

もしあなたの手先が器用なら、ランプを自作し予算を節約することができます。来客に自作のランプを紹介することほど満足感のあることはそうないですよね。

ガラス瓶 吊るし照明

2.電球がちりばめられた黄金円形のランプ

美しくエレガントなスペースを作り上げるには全てのライトの素材をよくバランスのとれた状態に保ちましょう。影を作りすぎてしまわないようにそれぞれの対比バランスを考慮しなければなりません。

電球と天井ランプを一緒に使うのは影を抑える1つの良い方法です。電球は円形の基盤につながれています。配線は基盤の裏に隠し電球をデコレーションの一部として使用しましょう。

複数の電球がついているランプにはいくつかの使い道があります。LEDを使用しオーバーヒートを防げるのであればそれぞれのワイヤーを違う高さや距離から吊るせるでしょう。最近では吊るし電球を単純に基盤から吊るすスタイルが人気で、インダストリアルデザインに最適なアイディアです。

今日の記事では黄金円形の基盤を提案いたします。特有の雰囲気を作り出すために一定の素材を必要とするクラシックそして前衛的なデコレーションとの相性が良いです。

吊るし照明 円形 黄金

3.小枝細工の天井ランプ

他の記事でも話に出したように小枝細工は今日これ以上ないほどの人気の素材です。アフリカンフレアまたはモロッコフレアとトウ、レザー、竹などの繊維と組み合わせ、自然の素材と一緒にデコレーションをする。これがホームデコレーションの超人気オプションです。ハンギングランプも例外ではあれません。

 

小枝細工の天井ランプはデザインと照明においてマストです。これらはほとんどの場合キッチンとダイニングテーブルの上に設置されています。木材を良く見せてくれますし、白の空間との対比に適しており、色、質感そして温もりを出してくれるためノルディックデコレーションの家によく合います。

また、親密な灯りを作り出すことで天国のような雰囲気を与えてくれます。光と影の融合が部屋に温かさをもたらすでしょう。それは言うまでもなくリラックスをするのに最適です。

さらに小枝細工の照明は本当に居心地の良い雰囲気を出してくれるのです。ライトが付いている時、明るさを変えた時、ライトなしでインテリアとしてのみ存在している時、どんな時でも部屋の主役になるでしょう。

吊るし照明 小枝細工 天井照明 ハンギングランプ

最後に

天井ハンギングランプのメインの狙いは可能な限り快適で空間に光が行き届いていることです。もちろんデザインとデコレーションの調和も忘れないでくださいね。照明は全ての家にとってなくてはならない素材です。それがどれだけ大切であるかを認識し、光の照らす形と強さを注意深く選ぶ必要があります。私たちが今回紹介したランプ、試してみてはいかがですか?