ウォールステッカーを素敵に貼るためのコツ!

28 1月, 2019
ウォールステッカーは装飾品の中でもとても創造的なアイテムです!あなたも是非試してみませんか?

ウォールステッカーは高品質でペンキの代替品となってきました。しかし、壁だけではなく、家電や床など、珍しい場所にも使うこともできるのです!

もはや、ただの『ステッカー』ではありません。何年もの間楽しむことができる、豊富で高品質なデザインを持つウォールステッカーは、装飾的な選択肢となったのです。

今では多様なデザインを見つけることができ、さらに自分好みにカスタマイズすることも可能です。

きっとあなたの部屋に素敵な個性をもたらしてくれます。今日の記事では、そんなウォールステッカーの種類と、貼る時のコツや注意点をご紹介します!

 

ウォールステッカーとは?

ウォールステッカーは、プラスチックから作られており簡単に言えば壁に貼るシールです。

そのシルエットや形は、部屋にエネルギーを与え、壁やその他の表面の空いているスペースを最大限に活用してくれます。

最も優れている点としては、プラスチックで作られているため、維持や掃除がとても簡単だということでしょう。また湿気にも耐性があります!

重要なことはやはり平らな表面に張ることです。織物壁紙などに貼り付けるのは避けましょう。

剥がれずに長く使えるよう、なるべく最高品質のウォールステッカーを選びましょう!

ウォールステッカー

さらにウォールステッカー、写真を使った壁紙、普通の壁紙は全て異なります。どれも壁を装飾するものですが、間違えやすいので注意が必要です!

先ほどもお話したように、ウォールステッカーはシルエットや輪郭を作り、シンプルで装飾的な形なのが特徴です。また、通常はプラスチックで作られています。

一方、写真を使った壁紙は大きな写真から作られています。壁に直接貼るわけではないですが、代わりに空間全体を占めます。また写真用紙から作られているため、耐久性、耐湿性に劣っています。

そして壁紙とはご存知の通り、に貼り付ける紙の一種で、質感は滑らかまたは手触りがあるものから選べます。耐湿性については、使う壁紙の素材によって異なります。

ウォールステッカーの種類

そんなウォールステッカーが持つ可能性は無限大です。たくさんのウォールステッカーを専門にした店があり、また多くのオンラインショップも見つけることができるでしょう。

最も一般的なデザインは次の通りです。

  • フレーズや引用:この方法は、あなたを毎朝元気づけるのにぴったりです。家を出る前の元気を出したいので、玄関に貼るのがいいでしょう。
  • 動物:子供部屋に使われることが多いです。
  • イラスト
  • 風景
  • テクスチャ:砂やレンガなど質感を楽しめます。
  • 黒板:チョークで書くことができる黒板風のウォールステッカーです。例えば、キッチン子供部屋に適しているでしょう。
  • カスタマイズ:専門店では高解像度の画像を送るだけで、あなた好みのウォールステッカーを作ってくれます。あなたがとても気に入っている絵、写真、引用が使えるので、部屋に個性を出す方法としては非常に素敵ですよね。

貼る場所

ウォールステッカー

ウォールステッカーを貼る場所にルールや制限はありません。

一般的には壁に使われることが多いですが、どこに貼るかはあなたの創造性と想像力次第です。

アイデア例

  • :ベッドの上、玄関、リビング、キッチン、寝室など
  • 階段:見間違えではありません!階段にだって貼ることができるのです。階段を上がるごとに、引用を読んだり、絵、イラストなどを見たりすることも可能です。
  • 浴室浴室向けの特別なウォールステッカーがあります。窓やシャワーカーテンに貼ってみましょう。
  • ドア
  • 家電
  • 家具
  • :子供部屋やキッチンに適しています。

まとめ

ウォールステッカーはシンプルで楽しく家を個性的にしてくれる創造的な装飾アイテムです。今回ご紹介したようにたくさんデザインがありますし、どこにでも貼ることができるので、可能性は無限大なのです!